パワプロの変化球には様々な良し悪しがあり、特徴がありますよね。
 
オートペナントでの検証後半です。 
前半を見て頂いてない方はこちらから是非

前半に引き続きパワプロにおいて最強の変化球は
何なのかをオートペナント&その結果の防御率で検証してみようと思います。 



やり方
ひとつの球種のみ変化量MAXの選手をサクセスでつくります。 
これらの選手をソフトバンクの一員として 先発はローテーションに参加させ
3000イニング消化した時点での防御率を競います


下記のように選手能力は
スタミナS(100)  コントロールB(70) 球速145km/h で統一します。
 
AB
CD
E



上記の27球種が今回のランキングに参加する選手(変化球)達です。
(ジャイロボールはコントロールが良いからかぶっちぎり一位になってしまうので不参加としました)


微妙に打球反応やら特殊能力がついてしまっている選手がいますが、
これはサクセス中やむを得ずついてしまった能力ですのでご了承下さい。


ストレートは救済措置として急速を160km/hにしています。ツーシームやムービングファスト、超スローボールもストレート系の変化球ですが、今回は救済措置なしで頑張ってもらいました。(超スローボールは盗塁対策として走者釘付がついています)

この他にもできるだけ多く投げてもらうため、人気、変化球中心、回復Aを全選手につけています。

オートペナントではMAXの20年ではなく、なぜ3000イニングかという、と投球回による成績差分を防ぐためです。投球回が10回と100回の投手だと死球や被本塁打が変わりますからね。

 またできるだけ同じ条件で試合をしてもらうため、チームの戦力が変わる、移籍や新人加入、選手能力の成長衰退、怪我などはすべてOFFにしてCPUの強さもパワフルで固定。サクセス選手の投手采配は「完投」。

とにかく同じ条件で3000イニングなげて誰が一番防御率が低いかで勝負したと思ってもらえればOKです。



下の画像が前半の成績です。



総合前半1

ストレート系は明らかに不利な条件でやってますんで、防御率が悪いのは致し方ない結果かなともいます。むしろ変化球無しで防御率を同じ4点台の成績ですから善戦だと思います。

シンカーは上位9内とという結果になるわけですが、スクリューと大きく差がつきました。単純にシンカーの左投手版がスクリュー・・・というわけではないのかもしれません。

待望の後半の結果がこちら!!↓





一位は納得というか、パワプロはちゃんと時代によって変化球の強弱を微量につけているんですね~。やっぱりすごいゲームです。意外だったのはやっぱりパームでしょうか。
今は浅尾投手意外投げる投手が殆どいませんが、こんなに強いならサクセスで覚えさせる人は多いのかもしれませんね。

防御率Excel

こうしてみるとやはりシュート、シンカー系のボールの実力が予想より高いのは私だけでしょうか。最近は投げる投手自体が減ったようにも感じますが、サクセスなどで取得する変化球に迷ったら、これらのボールを選択してみるのもありかもしれません。

ただし、注意点としては、今回の検証は全て変化量MAXの選手らで比較しています。
例えば変化量を1に統一してやった時に使えるボールはきっと結果が変わってくるでしょう。個人的な予想は変化量1の場合、変化球としての強さよりストレートとの組み合わせで抑えられるかどうかがに依存すると思うので、緩急系のボールの成績が良くなるんじゃないかなとも思います。

憶測の域を出ませんので、時間があれば検証してみようと重います。

防御率意外にも奪三振などの成績も後日upしますのでお楽しみに。