盗塁は出来る限り防ぎたいものですよね。
野球というスポーツはヒットやホームランがなくても点を取ることができます。四球で塁に出てランナーを進め、犠牲フライで1点取る。
そんなスモールベースボールが近年注目されていますが、そのスモールベースボールの大きな作戦のひとつとして盗塁があります。

ダルビッシュ投手のように、盗塁されても気にしない。打者を抑えればいいだけ。という考え方はもちろんありますが、盗塁の成功は確実にチャンスの拡大を意味しますし、守備側からすれば極力避けたい。攻撃側としてはできるだけ避けたいのは間違いありません。

そんな盗塁を少しでも防ぐ特殊能力が、パワプロでは「クイック」として存在します。

そこで今日はそのクイックがどれほどの効果があるものなのか、検証してみました。





 

いかがでしたでしょうか。かなり大きな違いが感じていただけたと思います。クイックGがまだボールを投げていないタイミングでクイックAなどの選手らはもう投げ終わるくらいの勢いで差があります。
クイックが悪ければ悪いほど一球一球のリスクを高め、逆にクイックをもっていると、未然にそのリスクマネジメントができるということです。
あまり強力な特殊能力の印象はなかったですが、機動力野球が注目される現在において、クイックは実はめちゃくちゃ有能な特殊能力なのかもしれません。