奪三振が取りやすい変化球もあればホームランを打たれにくい変化球もあるでしょう。
今回はパワプロにおいて最強の変化球は何なのかを、被本塁打率に絞って、オートペナントで検証してみようと思います。 



やり方は前回同様球種のみ特化した(他能力は一緒の)選手たちをサクセスでつくります。 
これらの選手をソフトバンクの一員として 先発はローテーションに参加させ3000イニング消化した時点での防御率を競います。


一度のペナントでは当然ソフトバンクに入りきらないので複数回にわけています。


下記のように選手能力は
スタミナS(100)  コントロールB(70) 球速145km/h で統一します。
 
AB
CD
E



上記の27球種が今回のランキングに参加する選手(変化球)達です。
(ジャイロボールはコントロールが良いからかぶっちぎり一位になってしまうので不参加としました)


微妙に打球反応やら特殊能力がついてしまっている選手がいますが、これはサクセス中やむを得ずついてしまった能力ですのでご了承下さい。


ストレートは救済措置として急速を160km/hにしています。ツーシームやムービングファスト、超スローボールもストレート系の変化球ですが、今回は救済措置なしで頑張ってもらいました。(超スローボールは盗塁対策として走者釘付がついています)


この他にもできるだけ多く投げてもらうため、人気、変化球中心、回復5を全選手につけています。


オートペナントではMAXの20年ではなく、なぜ3000イニングかという、と投球回による成績差分を防ぐためです。投球回が10回と100回の投手だと死球や被本塁打が変わりますからね。
 
 
またできるだけ同じ条件で試合をしてもらうため、チームの戦力が変わる、移籍や新人加入、選手能力の成長衰退、怪我などはすべてOFFにします。


CPUの強さもパワフルで固定。サクセス選手の投手采配は「完投」。


とにかく同じ条件で3000イニングなげて誰が奪三振率が優秀だったか比較したと思ってもらえればOKです。
奪三振率が同率の場合は奪三振数で数が多い方を上位としています。



10位までの結果は以上となりました。
今回以外だったのはこれまで優秀だったシンカー系変化球でしょうか。

まだ登場していない変化球がどのような成績か続きは後半で。
続きは後半で。